<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

中井防災担当相、低い津波避難率で「きちんと報道されなかった」(産経新聞)

 中井洽防災担当相は4日の参院予算委員会で、チリ巨大地震に伴う津波に対し、避難した住民が少なかった理由について、「津波は数時間続き、後から高い波が来るという報道がきちんとなされていなかったのではないか」と述べた。

 NHKや民放各局は2月28日に緊急番組を放映し、「第2波」以降の警戒を盛んに呼びかけていた。

 また、「地震を体感せずに津波だけ2万キロのかなたから来ることに実感がわかなかった」ことも理由に挙げた。

【関連記事】
津波警報 地デジ工事で防災無線撤去、伝わらず
物資手にして目に涙 中部の被災地 チリ大地震
津波被害対策会議、漁業者支援で議論 利子補給など実施へ 宮城
石原知事、防災相の東京マラソン「悠々と」発言に烈火の反論
異例の謝罪に賛否…気象庁“過大予測”どう評価?

<交番で爆発>天然ガス、排水管伝い充満か 千葉・大多喜町(毎日新聞)
人口急減自治体に200億円=月内に特別交付税配分−総務相(時事通信)
愛称決めて JR東「はやて」後継「E5系」(河北新報)
<火災>住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野(毎日新聞)
スーパーに軽自動車突っ込む 新潟・新発田市(産経新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-03-08 05:19

石井一議員、口利き否定=厚労省元局長公判−大阪地裁(時事通信)

 障害者割引郵便悪用事件で、虚偽有印公文書作成罪などに問われた厚生労働省元局長村木厚子被告(54)=休職中=の第11回公判が4日、大阪地裁であった。民主党の石井一参院議員(75)が証人として出廷し、自称障害者団体側の依頼で同省に口利きしたことは「まったくありません」と否定した。
 検察側によると、石井議員は2004年2月、元秘書で自称障害者団体「凛(りん)の会」元代表倉沢邦夫被告(74)と面会。証明書発行に向けた口利きを依頼され、厚労省障害保健福祉部長(当時)に電話したとされる。
 石井議員は「倉沢被告と凛の会について会話したのは06年11月。それ以外は何ら関係したことはない」と述べた。 

【関連ニュース】
〔特集〕現役キャリア官僚逮捕! 障害者割引郵便不正事件
厚労元局長の指示「記憶ない」=元部下が供述翻す
「調書訂正、聞き入れられず」=元係長、検事の作文と改めて主張
元係長、涙声で「申し訳ない」=郵便不正、厚労省元局長に
「供述調書はでっち上げ」=厚労省元局長公判で元係長

市立水族館に「ペンギン村」=山口県下関市〔地域〕(時事通信)
<群馬たまゆら火災>理事長、施設長を起訴 業過致死罪(毎日新聞)
<訃報>長田庄一さん87歳=元東京相和銀行会長(毎日新聞)
宝塚のブランド買い取り店に強盗、150万奪う(読売新聞)
兵庫の死亡園児、「揺さぶられ」で脳に障害か(読売新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-03-06 09:24

男2人週明け再逮捕へ 大阪・神戸連続宝石店盗(産経新聞)

 大阪と神戸の貴金属店を狙った連続強盗・窃盗事件で、大阪、兵庫両府県警の合同捜査本部は26日、昨年6月の神戸市内の宝石店に対する強盗容疑で、ともに無職の大阪府八尾市、工藤常雄(52)=別の強盗罪などで公判中=と、住所不定、大谷亮(30)=同=両被告の逮捕状を取った。週明けにも再逮捕する。

 

今村教会
のみバス
津波警戒で情報連絡室設置=政府(時事通信)
無敵鉄姫スピンちゃん
<大津波・津波警報>岩手県・久慈港で90センチ観測(毎日新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-03-04 18:17

【WEB人】応援サイトのマネジャーを務める女子大生 米良はるかさん(22)(産経新聞)

 ■学業とビジネス「両立」

 「『日本人には寄付の文化がない』といわれるけど、人と人のつながりを大事にする国民。頑張っている人を応援するプラットホームがあれば、何かが起きるはず」

 スポーツや芸術など、さまざまな分野で活躍する人を支援するサイト「チアリング・スパイシー(チアスパ!)」のプロジェクトマネジャーを務める。慶応大学の4年生でもあるが、「ほぼ毎日、チアスパ!のために動いています」。

 チアスパ!は、応援してもらいたい人が目標や活動などを書いて登録し、応援したい人がオンライン決済でアバターを購入すると、登録者に代金の85%が届く仕組み。残る15%は運営費などにあてられる。

 昨年7月にオープンし、すでに25人が登録。今年1月から、パラリンピックの障害者クロスカントリースキー日本代表のためのキャンペーンを実施している。ワックス代100万円が目標だが、まだ80人から約30万円しか集まっていない。

 4月から大学院に進む。「自分が落ち込んだときに、チアスパ!で頑張っている人たちを見ると、パワーをもらえる。社会にプラスになるビジネスを提供できるように、学業とビジネスを両立させていきたい」(池田証志)

青森〜宮城で3メートル級大津波か 午後1時以降、太平洋沿岸でも恐れ(産経新聞)
血管拡張する「大動脈瘤」 無症状ゆえに潜む危険 CT検査での早期発見が鍵(産経新聞)
<放火>油まいた男が焼死 京都・知人の夫婦重傷(毎日新聞)
「俺時計」、果たして「美人時計」超えるか?(産経新聞)
米子の2人強殺公判、遺族が厳しい処罰感情(読売新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-03-03 08:49

<衆院>議長不信任案、反対多数で否決 自民党は審議復帰(毎日新聞)

 自民党が提出した横路孝弘衆院議長に対する不信任決議案は25日の衆院本会議で、民主、社民、国民新の与党3党と共産党などの反対多数で否決された。自民党は賛成したが、公明党とみんなの党は棄権し、野党共闘の足並みは乱れた。自民党は横路議長の不信任決議案と松本剛明衆院議院運営委員長の解任決議案提出を契機に、3日間の欠席戦術を転換し、審議に復帰した。

 自民党は「政治とカネ」の問題を巡って鳩山由紀夫首相の関係者や小沢一郎幹事長の国会招致などを与党側に要求。民主党は「要求には一切応じない」と強硬姿勢を続けたため、自民党は横路議長に事態の打開を再三求めていた。

 同党の田野瀬良太郎総務会長は本会議での提案説明で「政府・与党の党利党略のみに加担し、わが国の議会制度が崩壊していくさまを傍観しているだけだ」と述べ、横路議長の指導力を批判した。民主党の松木謙公国対筆頭副委員長は「身勝手な言いがかりで、憲政史上まれにみる暴挙だ」と反論した。

 松本委員長に対する解任決議案もこれに先立つ衆院本会議で採決され、与党と共産党などの反対多数で否決された。【近藤大介】

盗難 新田義貞の銅像が 群馬・太田の神社境内から(毎日新聞)
「生ぬるい」「絶対無理」…「全面禁煙」通知 遅れる対策(産経新聞)
小沢氏らの国会招致など申し入れ 衆院議長に野党4党(産経新聞)
<成田空港>団結小屋の撤去命令、地上権を認めず…千葉地裁(毎日新聞)
<ひき逃げ>道路に引きずられた跡 大阪で男性死亡(毎日新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-03-02 01:01