<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

火災 別府でアパートや民家26棟全焼 2人が不明(毎日新聞)

 13日午後10時15分ごろ、大分県別府市光町の木造アパートから出火。強風にあおられて延焼し、アパートや民家など計25棟が全焼した。約5時間半後に消し止められたが、焼失面積は約2500平方メートルに上るとみられる。この火事で30世帯46人が焼き出され、このうち火元と見られるアパートに住む50歳代男性と隣のアパートの82歳女性と連絡が取れなくなっている。また、飛び火した同市末広町の民家1棟も全焼した。

 現場はJR別府駅から南へ約500メートルの住宅密集地。火災発生時、別府市内では18.3メートルの強風を記録した。【祝部幹雄】

【関連ニュース】
火災:大分県別府市の住宅密集地で アパートから出火
火災:父と兄弟?死亡 「助ける」小2長男引き返し 青森
不審火:県立高で運動用具など燃える 横浜
火災:住宅全焼 孫娘ら3人死亡 群馬・桐生
火災:雑居ビル焼き2人死亡 横浜

九州北部 14日も降雪(西日本新聞)
外国人参政権「議員立法で」=原口総務相(時事通信)
センター試験、初日終了へ=埼玉5会場で別室受験(時事通信)
大阪でコンビニ強盗相次ぐ(産経新聞)
「300日規定」損賠訴訟 原告の請求棄却 岡山地裁(産経新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-18 21:45

<中央防災会議>被災地生活支援の特別立法を検討(毎日新聞)

 国の中央防災会議(会長・鳩山由紀夫首相)が15日開かれ、委員の泉田裕彦・新潟県知事が、大災害が発生した場合に被災者の生活再建支援策の財源が不足する恐れがあるとして、財源を確保するための特別立法の検討を求めた。これを受け、中井洽・防災担当相は同会議後の記者会見で「新たな基本法(の制定)について、超党派で考えていきたい」と述べ、新法の検討を始める考えを示した。

 同会議では、地方で起きる地震の対策を検討する専門調査会の設置も決めた。【福永方人】

【関連ニュース】
警察庁長官:貴金属店に防犯指導、実施を表明
拉致対策本部:脱北者から聞き取りへ 民間スタッフ起用
米兵ひき逃げ:国家公安委員長に怒りの声伝える…読谷村長
拉致問題:「早期解決を」知事の会が要望書
基幹的広域防災拠点:地震に弱い隣接地…東京湾岸の東扇島

ガールズバー店長骨折は過去のけが メッセ・黒田容疑者とは無関係(産経新聞)
徳島でアニメの祭典(産経新聞)
マイレージに株主優待券 JAL法的整理でも使えそう(J-CASTニュース)
雪化粧 朝日を浴びて美しい輝き 東京・奥多摩(毎日新聞)
「霞が関」直接要望続ける、岡山県知事が強調(読売新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-16 14:34

岡田外相がハワイ到着 米太平洋軍司令部を視察(産経新聞)

 【ホノルル=加納宏幸】岡田克也外相は11日午前(日本時間12日未明)、クリントン米国務長官との日米外相会談を行うため、米ハワイに到着した。岡田外相は同日、在日米軍を指揮する米太平洋軍司令部や、太平洋艦隊を訪問。12日午前(同13日未明)の外相会談では、日米間の最大の懸案となっている米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について話し合うとともに、日米同盟を深化させるための協議を始めることを確認する。会談後に岡田、クリントン両氏が共同記者会見を行うことにしている。

【関連記事】
岡田外相がハワイに出発 日米外相会談で同盟深化など協議へ
核密約などの公表、また先送り 有識者委員会が月内の報告作成断念
小沢氏主導で「外国人参政権」が新たな火ダネに? 
揺らぐ沖縄 容認でも反対でも普天間に「壁」
嘉手納の騒音低減を 沖縄の3市町長ら会談

終わりなき旅
私はシステムエンジニア、今日も休みなし
保育士を極める!
いつでも、元気なサラリーマンです。
ブリリアントワールド
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-15 06:19

撃たれたのは元羽曳野市議長 「どうして…」凍り付く住民(産経新聞)

 「パン、パン、パン」。12日夜、大阪府羽曳野市の居酒屋で起きた猟銃発砲事件。閑静な住宅街に渇いた銃声が響き渡り、住民らは恐怖に凍り付いた。発砲後に自殺した男は大阪市環境局の職員とみられ、撃たれて死亡した女性は元羽曳野市議で男性の義母。店の従業員を巻き込む最悪の事態に、2人を知る人は「どうして…」と声を詰まらせた。

 近くで飲食店を経営する小川泰邦さん(36)は、突然「バーン」という低い音が鳴り、さらに数回銃声が響くのを聞いた。現場の居酒屋に駆け付けると、男性が倒れており、反対側の歩道に長さ1メートルほどの銃が落ちていたという。

 救急車のサイレンを聞いて駆けつけたという主婦(41)は「迷彩色の服を着た男性が倒れ、さらに中から男女が担架で運び出された。怖かった」と話した。

 現場の居酒屋はブルーシートで覆われ、パトカーや捜査員が次々と駆けつけた。周囲の道路に張られた規制線の外では住民たちが寒さに身をすくめながら、不安そうに捜査の様子を見つめていた。

 撃たれて死亡した元羽曳野市議、田中美子さん(66)は同市議会で議長も務めた経験を持つ、地元の重鎮だった。現在、同市議会の議長で、田中さんを知る樽井(たるい)佳代子さん(55)は「新年会であったばかりだった。その時はとても元気そうだった。どうしてこんなトラブルになったのか…」と声を詰まらせた。

 樽井さんの亡くなった父親も同市議を務め、田中さんとは同期だったという。

「父が亡くなったときに真っ先に駆けつけてくれた人。誰かに恨まれるようなタイプではないのに…。信じられない気持ちでいっぱいです」。樽井さんは驚いた様子でこう話した。

【関連記事】
大阪・羽曳野の居酒屋で男が猟銃を発砲 3人死傷 男は自殺
猟銃が暴発か、男性死亡 新潟・五泉 
猟銃3丁、実弾70発盗まれる 神奈川
サルと間違って同僚を撃ち死なせる 猟友会メンバー逮捕 千葉
住宅にけん銃6発発砲か 東京・江東区

刑部課長
はえこのブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
現金化
債務整理
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-13 23:11