<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

小沢氏、土地代4億円「自分の金」と説明か(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は23日午後、小沢氏の任意の事情聴取を東京都内で行う。

 土地の購入代金に充てた4億円について小沢氏は「自分の金」と説明し、事件への関与を否定するとみられる。小沢氏側の弁護士によると、聴取は4時間程度の予定で、終了後、聴取で説明した内容などを書面で公表する。

 特捜部が小沢氏に聴取を要請したのは今月5日。小沢氏側は当初、「忙しい」などと聴取に応じる姿勢を見せなかった。

 これに対し、特捜部は13日に関係先を一斉捜索。15〜16日には、同会の元事務担当者の石川知裕衆院議員(36)(民主)ら3人を同法違反容疑で逮捕した。

 事件について説明しようとしない小沢氏の姿勢に批判も強まり、読売新聞社の世論調査でも、「小沢氏が国民に説明責任を果たしているとは思わない」が91%に上った。党内からも「説明すべきだ」との声が出始め、今週になって小沢氏は聴取に応じる意向を特捜部に伝え、国会審議のある日を避け、週末に聴取を行うことになった。

 小沢氏の聴取は、昨年3月に、西松建設からの違法献金事件で、小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)(公判中)が逮捕された際も検討されたが、「小沢氏の関与を示す証拠がなく、形式的に聴取しても意味がない」(検察幹部)として見送られた。

<文科省>スパコン事業の「機密」を公表(毎日新聞)
小沢氏、土地購入原資4億円 「銀行破綻続き現金化」(産経新聞)
普天間移設、地元拒否なら法的決着も(読売新聞)
平家癒やす灯火 湯西川温泉でかまくらのライトアップ(産経新聞)
<マンション協力金>不在所有者の負担認める 最高裁判決(毎日新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-30 15:42

菅家さん、謝罪求める=元検事「厳粛に受け止める」−足利再審公判(時事通信)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無罪が確定的になっている菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれた。うその自白を撤回した菅家さんが、検察官の取り調べでDNA型鑑定の結果を基に追及を受け、泣きながら「すみません」と述べるなど、再度「自白」した際の録音テープが再生された。
 同日午後には、宇都宮地検で調べを担当した森川大司元検事が出廷。菅家さんが冒頭、「無実の罪を着せたことを謝ってほしい」と述べた。森川元検事は「その後のDNA型鑑定で犯人でないことが分かり、わたしも厳粛、深刻に受け止めている」と答えた。
 再生されたのは、菅家さんが一審公判中だった92年12月8日の取り調べを録音した約1時間25分のテープ。テープによると、森川元検事は菅家さんが前日に「自白」を一転させたことに対し、捜査段階のDNA型鑑定の結果を挙げ、「君の体液と一致する体液が犯行現場にある」と問いただした。
 さらに、元検事は足利事件の起訴は菅家さんが事件を認めたからではなく、ほかにも証拠があったからと追及。沈黙を続ける菅家さんに、「ずるくなれといったわけじゃないんだよ」「僕と目を合わせてない」と強い口調で約10分間にわたり迫った。菅家さんは「勘弁してくださいよお」「すみません」と言って、泣きながら再び「自白」に転じた。
 その後、元検事は「人間としての誠実さを失ったら終わり」「一度話をした以上、自分の心の傷として刻みつけておいてもらいたい」と語り掛け、「起訴した事件は間違いないと思ってるから。いくら言ってもね」と述べた。 

【関連ニュース】
泣きながら「すみません」=再び「自白」のテープ再生
震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生
取り調べテープ再生=「話しちゃえよと言われた」
11年前にも男性殺害か=経営者強殺事件の被告ら-3人再逮捕へ・宮城県警
井戸の底から遺体発見=屋久島の不明男性か

常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)
二の腕、ふくらはぎつまむ 神奈川県職員を停職1カ月(産経新聞)
<覚せい剤使用>千葉県警佐倉署の警部補を起訴 東京地検(毎日新聞)
<訃報>谷本守さん81歳=元鹿島専務(毎日新聞)
五島沖・「第2山田丸」沈没 救命胴衣290キロ漂流 鹿児島・吹上町で発見(西日本新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-29 03:51

<神戸・女性不明>供述通り遺体発見…遺棄容疑で男逮捕(毎日新聞)

 神戸市の女性が行方不明になっている事件で、兵庫県警捜査1課などは22日夕、京都府綾部市西原町の山林から遺体を発見、「遺体を埋めた」と供述した大阪市北区本庄東1、無職、中西龍司容疑者(41)を死体遺棄容疑で逮捕した。行方不明になっているのは神戸市中央区八幡通1、中国語学校アルバイト講師、今滝愛さん(当時32歳)。中西容疑者らの供述から、県警は今滝さんは殺害されたと断定、殺人・死体遺棄事件として葺合署に捜査本部を設置した。23日、遺体を司法解剖して身元を特定する。

 覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、遺体を捨てるのにかかわったと供述した無職男(37)と、同法違反罪で服役中の中国籍の男(41)の2人も死体遺棄容疑で逮捕状をとった。中西容疑者と2人は友人という。

 中西容疑者の容疑は、08年10月末〜11月初旬、遺体を遺棄したとしている。県警によると、容疑を認めているという。中西容疑者は今月20日、同署に出頭、「知り合いの男から頼まれ、遺体を別の男と一緒に埋めた」と供述した。中西容疑者と無職男は、今滝さんは同市兵庫区の雑居ビルの一室で殺害されたと供述し、中国籍の男が遺体の遺棄を指示、無職男が運転する車で運んだという。捜査関係者によると今滝さんは中国出身で02年来日。07年、日本国籍を取得した。【村上正、米山淳、重石岳史】

【関連ニュース】
神戸・女性不明:知人が「頼まれ埋めた」 京都の山林捜索

<参院予算委>鳩山首相「戦って発言、撤回せぬ」(毎日新聞)
小沢氏、神妙会見…強気な姿勢一転(読売新聞)
<衆院予算委>法制局長官いたなら…谷垣氏、政治主導皮肉る(毎日新聞)
景気判断据え置き=住宅は「持ち直し」に上方修正−月例報告(時事通信)
<水俣病訴訟>熊本地裁が和解勧告 不知火患者会と被告に(毎日新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-28 04:31

<掘り出しニュース>県庁トイレに広告いかが? 栃木県が苦肉の策(毎日新聞)

 【栃木】県庁舎の男性用トイレに広告を出してみませんか−−。財政健全化に取り組む県は、不況で大幅な税収減が予想される中、男性用トイレ内に掲載する広告の募集を始めた。「少しでも歳入を確保したい」(県管財課)という苦肉の策だが、興味を示す企業は現れるか−−。

 県は財源不足を補うため、昨年1月から本館1階の県民ロビー内、15階の展望ロビー内、エレベーター内の計24枠で、広告の掲載を始めた。多数の企業から応募があり、倍率は平均3・5倍。広告掲載料として、年間264万円の収入があった。

 今回は1階と15階の男性用トイレ内の16枠を合わせ、計40枠で募集する。トイレ内の広告掲載は福田富一知事のアイデアで、県管財課は「全国でも初めての試みでは」と話す。便器の前に立った際、目の高さに広告がくるように枠を設置した。

 掲載料は県民ロビー内が1万5000円、展望ロビー内が1万円、エレベーター内が5000円、トイレ内が1250円(いずれも月額)。掲載期間は4月1日〜来年3月31日。1カ月単位で申し込むこともできるが、応募多数の場合は掲載期間が長い方が優先となる。申し込みは2月19日午後5時まで。問い合わせは同課(電話028・623・2075)。【戸上文恵】

【関連ニュース】
愛知県:一般職給与4%減 2年連続抑制へ
直方市:歳入確保を強化、対策本部設置へ 12年度の黒字化実現目指す /福岡
ネット競売:財源確保へ県、全庁挙げて取り組み 合計、昨秋から270万円 /山口
記者の目:「コンクリートから人へ」目指す予算案=平地修(東京経済部)
行政:財源確保に、売れるものは何でも/山口県、不用品売却で270万円売り上げ

<陸山会土地購入>虚偽記載、池田元秘書も容疑認める(毎日新聞)
捜査介入のつもりない=「不起訴望む」発言で釈明−鳩山首相(時事通信)
首相動静(1月24日)(時事通信)
<気候変動>「35年ごろ氷河消失」は誤り IPCC認める(毎日新聞)
日韓外相会談 北朝鮮問題で連携を確認へ(産経新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-26 09:42

<千葉家裁>40代の男性書記官を戒告処分 事務処理を怠る(毎日新聞)

 離婚訴訟の期日指定や相続管理人の選任などの事務処理を怠っていたとして、千葉家裁は19日、40代の男性書記官を国家公務員法に基づき、同日付で戒告処分にしたと発表した。家裁は「処理の遅れによる実害はない」と説明している。

 家裁によると、男性書記官は計14件の事務処理を最長1年10カ月間放置。うち10件については処理を終えたとする虚偽のデータを入力していた。昨年2月に担当替えがあり、後任の書記官が離婚訴訟の期日が約9月間指定されていないことを不審に思い、発覚した。

 男性書記官は「期限のある他の事務をしていた。内部査察で事務が終わっていないことを隠そうと虚偽のデータを入力した」などと話したという。西島幸夫所長は「裁判所職員としてあるまじき行為で遺憾」とのコメントを発表した。【神足俊輔】

【関連ニュース】
入管汚職:贈賄側に事務所開設を指示…逮捕の入管職員
広島少年院暴行:「被告の暴行をまね」 現場にいた元教官ら証言−−地裁公判 /広島

陸山会の土地購入費、石川議員が通帳に目印「住」(読売新聞)
政治とカネ焦点、緊迫化も=通常国会、18日に召集(時事通信)
【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
TV報道「関係者」表現、総務相の批判に波紋(読売新聞)
積み立ては妻子名義=事務所でも現金保管−小沢氏資金(時事通信)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-25 13:01

石川議員逮捕、一刻の猶予も許されぬと東京地検(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件は15日夜、現職国会議員らの逮捕に発展した。

 「一刻の猶予も許されない緊急性があった」。国会開会を3日後に控えた時点での石川知裕衆院議員(36)の逮捕について、東京地検特捜部の佐久間達哉部長は記者会見で、厳しい表情を見せた。

 一方、特捜部の事情聴取の要請に応じていない小沢氏は同日、出張先の大阪から帰京したが、報道陣からの「聴取には応じますか」という問いかけには無言のまま。“側近”の逮捕後も姿を見せなかった。

 「石川、池田両容疑者を政治資金規正法違反容疑で逮捕しました」

 午後10時50分過ぎ、東京・霞が関の検察合同庁舎11階の会議室で始まった東京地検の記者会見。谷川恒太次席検事は冒頭、集まった約40人の報道陣を前に、石川容疑者と、小沢氏の元私設秘書、池田光智容疑者(32)の逮捕を発表した。

 「供述内容や態度を含めた証拠関係から判断した」

 同席した佐久間達哉特捜部長は報道陣から「逮捕の理由」を問われると、そう答えた。18日の国会開会後は国会議員の逮捕に所属する議院の許諾が必要となる点については、「許諾は考慮していない」と強調し、「今、身柄を確保しないと捜査に大きな支障が出る。一刻の猶予もできない緊急性があった」と説明した。

 ただ、「土地代に充てた4億円の原資」や「2人の認否」などの質問には、「どういう色のついた金なのかコメントを控える」などと明言を避けた。

 一方の小沢氏は15日午前10時過ぎ、出張先から帰京するため大阪・伊丹空港に姿を現した。灰色のコート姿で、待ち構えていた報道陣からの問いかけには一切答えなかった。

 羽田空港に到着後は、東京・港区の事務所に立ち寄った後、午後3時頃、国会内の同党幹事長室に笑顔を見せながら入り、同党所属議員ら約10人と相次いで面会。午後4時頃に幹事長室を出ると、カメラのフラッシュが一斉にたかれる中、取り囲んだ報道陣から「事情聴取には応じますか」という質問を受けたが、この時も一切答えず、無表情のまま立ち去った。その後は、千代田区内のホテルに立ち寄り、午後5時過ぎから再び自身の事務所に入ったが、石川容疑者の逮捕後はコメントなどは出さず、公の場に姿を見せることもなかった。

 ◆身柄の確保必要と判断…検察会見◆

 東京地検で行われた記者会見の主なやり取りは次の通り。

 ――石川容疑者を逮捕したのは、任意捜査段階で虚偽の説明をしたためか

 「供述の中身や態度、言動、証拠関係を総合的にみて、身柄を確保する必要があると判断した」

 ――通常国会が開会すると国会議員の不逮捕特権が生じる。それについては配慮したか

 「今、身柄を確保しなければ、捜査に支障が出ると判断した。(不逮捕特権への)考慮はない」

 ――小沢氏が聴取に応じない姿勢を見せていることと、逮捕は関係があるか

 「あくまで両容疑者について、全体の証拠関係から判断した」

 ――土地代金に充てた4億円の提供元は特定したか

 「コメントしない」

<日本新聞協会>「ハッピーニュース」募集(毎日新聞)
「10年後の東京」プログラム、364事業 子育て支援、耐震強化…(産経新聞)
新学期の首都圏 電車内で痴漢など39人を摘発 1都3合同摘発チーム120人投入   (産経新聞)
<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)
パチンコ攻略「梁山泊」脱税4億超、創設者ら逮捕(読売新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-23 18:03

滋賀・草津にイチゴ香る商店街 立命大構想 空き店舗に栽培工場(産経新聞)

 立命館大生命科学部(滋賀県草津市)の久保幹(もとき)教授(環境微生物学)の研究グループが、JR草津駅前の商店街の空き店舗に、イチゴの植物工場を設置できるよう草津市に提案していることが19日、分かった。不況で目立ちつつある空き店舗にイチゴを実らせ、甘い香りの漂う「イチゴの商店街」として活性化を目指す構想で、市も前向きに検討している。

 立命館大はすでに、同市内のびわこ・くさつキャンパスで約50平方メートルの植物工場を建設。昨年11月からイチゴ約180鉢の有機栽培に取り組み、近く初収穫が見込まれている。

 植物工場は建物内で温度や光などの環境を人工管理して野菜や果物などを栽培するシステム。天候や季節に左右されることなく計画的に生産できるため、新たな農業形態として経済産業省などが補助金を出して推進している。

 久保教授は、大学の研究を地域活性化に生かそうと商店街に着目。空き店舗に有機栽培の植物工場のショールームを設置し、栽培したイチゴを販売する構想を市産業振興部に提案した。久保教授は「イチゴは年間を通して需要がある。工場栽培はコストは高いが、安心・安全なイチゴが身近な場所で育てられれば生産者、消費者双方の利益となり、商店街の活性化にもつながる」と説明。大学には、県外自治体から問い合わせが寄せられ、視察も訪れているという。

 草津市は人口の増加が著しく大型ショッピングモールの開業が相次ぐ一方、市中心部の商店街は、約1割が空き店舗となっている。橋川渉市長は「夢のある話だ。協力して進めていければ、“イチゴのまち草津”をブランド化できるかもしれない」と話している。

都議補選、自民死守・保守の島に民主応援続々(読売新聞)
小沢氏らの議員辞職勧告決議案提出も検討 自民・大島幹事長(産経新聞)
「水谷建設から接待」 大久保容疑者 1億円受領は否定(産経新聞)
消費押し上げ効果6300億円=65%が支出に回る−定額給付金(時事通信)
公立小給食費、初の月4000円台=米飯は週3.1回−文科省調査(時事通信)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-23 01:19

「愛の泉」募金に153万円(産経新聞)

 東京都中央区銀座のソニービルで昨年11月20日から1カ月間行われたイルミネーション「愛の泉」の募金に、約153万円が寄せられた。

 この募金は昭和43年に始まり、イルミネーションに彩られた泉の中にコインを投げ入れると噴水や音響の変化が楽しめる“銀座の冬の風物詩”として定着した。募金は日本赤十字社など3団体に全額寄付したという。

 ソニービルの広報担当者は「若い人たちも演出にひかれて募金していただけた」と話している。

【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<蓮如>真筆の掛け軸など寺宝盗難、買い戻し公開へ 愛知(毎日新聞)
実験中に爆発 6人負傷か 東京の巣鴨学園(産経新聞)
<長崎漁船不明>現場周辺の海底に船影 7管も確認急ぐ(毎日新聞)
<元長崎市長>本島等さん、野中元議員と反戦対談(毎日新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-22 03:55

レーザーポインターを無届け販売=輸入業者ら2人逮捕−大阪府警(時事通信)

 レーザーポインターを無届けで販売したとして、大阪府警阿倍野署などは18日、消費生活用製品安全法違反の疑いで、大阪市阿倍野区北畠、輸入雑貨店経営末岡吉弘容疑者(35)ら2人を逮捕した。同署によると、いずれも容疑を認めている。
 逮捕容疑は、2人は昨年6〜7月、経済産業省に無届けで、東京都の会社員男性(34)ら3人に対しネットオークションで中国製レーザーポインター3個を3万4900円で販売した疑い。
 同署によると、2人は昨年5月ごろから少なくとも1000個を約500万円で販売。法律で定められたPSCマークがなく、光が強過ぎて販売が認められない品質だったという。 

インド洋給油活動が終了=テロ特措法失効、8年で幕−海自撤収へ、指揮官が訓示(時事通信)
普天間の下地島移設、宮古島市議会が反対意見書(読売新聞)
龍馬とサンゴ“合体”これぞ高知と地元名工(読売新聞)
<ゆるキャラ>香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
次期通常国会への提出法案を説明−厚労省政策会議(医療介護CBニュース)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-21 11:32

小沢幹事長、検察に宣戦布告!「断固戦う」(スポーツ報知)

 ケンカ上等! 民主党の小沢一郎幹事長(67)は16日、元秘書で衆院議員の石川知裕容疑者(36)らを政治資金規正法違反容疑で逮捕した東京地検特捜部に対し「全面的に対決していきたい」と宣戦布告した。政権交代後、初めて迎えた党大会に臨み、ついに口を開いた。幹事長職も「辞するつもりはない」と宣言。今後は対外的な幹事長職務を輿石東幹事長代行(73)に任せる方針だが、これも権力を保ちながら説明責任からは逃れるという“奇策”ではとの見方が広がった。

 「何としても納得できない気持ちでいる」。小沢氏は時折、口を真一文字に結び、強い口調で語った。「党大会の日に合わせたかのように逮捕が行われている。到底このようなやり方を容認することはできません。これがまかり通るなら、日本の民主主義は暗澹(あんたん)たるものになる」と猛反発。「断固として、このようなやり方に毅然(きぜん)と自らの信念を通し、戦っていく決意でございます」。会場からは拍手が起きた。

 本来は党務報告の場での事情説明。土地購入を巡る事件に「なんら不正なお金を使っているわけではない」と断言し、「与えられた職責を全力で果たしていく」と幹事長職続行も宣言した。検察からの問い合わせに金融機関や支店名を返答、検察からも連絡があり「疑いは晴れた」と安心していたと説明した。

 ところが腹心の逮捕。沈黙していた剛腕の腹の中は「全面戦争」だった。特捜部から任意の事情聴取を要請された5日以来、意に介さないそぶりを見せ続けてきた。居酒屋でキムチ鍋を食べ、名人と囲碁対決し、参院選に向けて地方行脚をこなした。12日の記者会見では核心部分を語らず、検察批判も封印。13日に関係先が一斉捜索を受け、15日からは石川氏ら3人が逮捕されても、記者の問いかけには応じていなかった。

 しかしこの日は「捜査中ということも考慮して」いた沈黙を破り、堰(せき)を切ったようにぶちまけた。会場の日比谷公会堂の前で取材対応し、不敵な笑み。ただし不穏な空気も充満した。午前の「地方代議員会議」では、突然小沢氏のあいさつが取材不可になり、150人以上詰めかけた報道陣からは「約束を守れ!」の怒号が飛んだ。

 党大会の敷地外からは「小沢、逮捕!」の連呼が。「小沢一郎〜!」と叫ぶ乱入男が出現し、犬にほえられて排除された。華やかなはずの政権交代後初の党大会は、結局小沢氏の資金問題一色というトホホな展開に。

 小沢氏は全面戦争に時間を割くため「表向きの仕事は輿石幹事長代行にお願いする機会が多くなる」と説明。「力を保ったまま、メディアや世間の目の矢面に立たないとの意図では」との推測が広がった。

 【関連記事】
橋下知事「党の政治判断」と小沢幹事長の続投発言分析
大久保秘書を逮捕 虚偽記載の疑いで
小沢幹事長「職責を全力で果たしていく」続投表明
小沢氏が鳩山首相と会談、進退など協議か

<強盗>男が店員縛り65万円奪う 大阪・DVD販売店(毎日新聞)
東京都心で初雪、平年より10日遅く(読売新聞)
再生に向け「生きろ」の文字 兵庫・西宮で震災イベント(産経新聞)
外国人参政権 小沢氏 強力に推進に動く(産経新聞)
旧知の議員に「死にたい」 石川容疑者、不安漏らす(産経新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-01-20 15:50