カテゴリ:未分類( 65 )

湯飲み茶わん 菅首相も仲間入り 岐阜で製作急ピッチ(毎日新聞)

 8日に発足した連立内閣の菅直人首相の似顔絵入りの湯飲み茶わんの製作が、岐阜県土岐市下石町の「山志製陶所」で急ピッチで進んでいる。歴代首相61人の顔を並べた製品で、既に約4000個の注文が寄せられている。

 同製陶所は約120年の歴史のある老舗の窯元。4代目の加藤晃一社長(49)の父親が、76年の福田赳夫首相の就任後、「歴代首相漫像」として製作を始め、首相が代わる度に新製品を作っている。1個500円前後で販売されるが、売れ行きは首相の人気次第。小泉純一郎元首相の在任中には約35万個が売れた。

 似顔絵のデザインも手がけた加藤社長は「長く在職し、生産が長く続けられるよう頑張ってほしい」と期待を寄せた。【小林哲夫】

【関連ニュース】
<関連記事>国会はこんなところ/湯飲みもここで買える
<関連記事>市民運動から厚相、「カイワレ」…お遍路も グラフ菅直人氏の歩み
<関連記事>管内閣の顔ぶれ

「好奇心から…」薬剤師を覚醒剤所持で逮捕(産経新聞)
渋滞最後尾に追突、3人死傷 首都高 (産経新聞)
【科学】「ブレ球」に迫る 無回転シュート ボール後方に渦(産経新聞)
<有楽町線>線路に男性落ち死亡 飯田橋駅(毎日新聞)
水柱80メートル!! 神戸港で機雷爆破処理(産経新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-06-15 12:33

皮膚などから肝臓の幹細胞=体外で大量培養可能に―世界初・国立がんセンター(時事通信)

 皮膚や胃の細胞から、肝臓の細胞のもととなる「幹細胞」を作り出すことに、国立がん研究センターの石川哲也室長らの研究グループが28日までに成功した。通常体外で増えない肝臓の細胞を大量に培養することが可能となり、世界初の成果という。
 研究グループは、皮膚や胃の細胞に3種類の遺伝子を導入して培養し、肝臓の幹細胞を作製。幹細胞には自己増殖能があり、いったん凍結保存し解凍した後でも再び増殖させることができた。
 肝臓には、物質の代謝や解毒などさまざまな働きがある。肝臓の細胞は体外で培養してもほとんど増えないが、幹細胞の段階で増やしてその後肝臓の細胞に分化させることにより、大量培養が可能となる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
コシヒカリのゲノム解読=おいしさの遺伝子群特定へ
3月下旬に県の検査すり抜け=口蹄疫感染の水牛
卵子のもと、高率で活性化=不妊治療に応用期待
「宮崎牛」種牛も殺処分に=事前避難6頭は経過観察

笑顔の傘が太陽の塔に勢揃い(産経新聞)
自転車登録緩和が「官僚政策グランプリ」(産経新聞)
国際線出発ロビーで初の結婚式=空港会社、ホテルが企画―成田(時事通信)
ネット選挙「秘書がHP更新」OK(読売新聞)
臓器提供の意思表示、自己決定権の保障を―日弁連が意見書(医療介護CBニュース)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-06-03 17:40

口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)

 民主党は21日、宮崎県で口蹄(こうてい)疫の発生が拡大していることを受け、家畜を殺処分された生産者の損失を国が全額補償することを盛り込んだ特別措置法案を今国会に提出する方針を決めた。議員立法で来週に提案する。既に自民党も特措法案提出を決めており、与野党で一本化を図り、早期成立を目指す。
 民主の特措法骨子案は、殺処分で損失を受けた家畜の所有者に対し、休業補償などの付随的損失も含めた「通常生ずべき損失」を国の負担で補償するとした。殺処分やワクチン注射を最終的には国の責任で行えることも明記した。 

【関連ニュース】
子牛取引が急減=価格上昇懸念強まる
農家支援の低利融資拡充=口蹄疫問題で
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省
口蹄疫、25・26日に質疑=山岡・平野氏が確認
全日空、宮崎発着線の運賃払い戻し=口蹄疫対応

民主中心の政権のうちに理想の医療を実現(医療介護CBニュース)
6月に「都市型軽費老人ホーム」整備の説明会―東京都(医療介護CBニュース)
「辺野古」は現行案でない、環境に配慮…首相(読売新聞)
「辺野古周辺」政府方針に反対…社民・三役会議(読売新聞)
<大麻所持容疑>26キロ押収 ネット通販の2人逮捕(毎日新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-05-27 15:06

<殺人>65歳の男女2人刺され死亡 京都・長岡京市の路上(毎日新聞)

 12日午前1時35分ごろ、京都府長岡京市開田1の路上で男女3人が口論しているとの110番通報が京都府警にあった。警察官が駆け付けたところ、ともに65歳の男女2人が刃物で刺されており、間もなく死亡が確認された。2人を刺した男は西へ徒歩で逃走。府警向日町署が殺人容疑で捜査している。

 府警によると、男は40〜50歳くらいの小太りで、白っぽい服装だったという。

小沢氏聴取15〜17日に、特捜部に回答(読売新聞)
小沢ガールズ名誉の負傷? 三宅議員が車いすで国会に(産経新聞)
林葉直子さん、15年ぶり将棋復帰(スポーツ報知)
<大阪ポリ袋遺体>身元は36歳女性 首に絞められた跡(毎日新聞)
iPSから耳の細胞=難聴治療への応用期待―米の日本人研究者ら(時事通信)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-05-18 19:19

ゴンドラ1時間半宙づり、女性1人が脱水症状(読売新聞)

 5日午後0時45分頃、長野県立科町芦田の白樺高原国際スキー場にある「ゴンドラリフト」が停止、乗客計14人が約1時間半にわたって宙づりとなり、女性1人が軽い脱水症状となった。

 ほかの乗客にけがなどはなかった。

 佐久署によると、運行していたのは6人乗りのゴンドラ32台で、うち4台に観光客が乗っていた。同署が原因を調べている。

劇団民芸の北林谷栄さん死去(時事通信)
指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」 (産経新聞)
弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)
普天間移設 社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対(毎日新聞)
死体遺棄容疑で元夫を逮捕 静岡・御殿場(産経新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-05-11 03:59

学力テスト「ゆとり」見直し…新聞で読解力(読売新聞)

 全校参加から3割の抽出方式に変わった「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)は20日、小学6年生と中学3年生が国語、算数・数学のそれぞれ基礎、応用の問題に取り組んだ。

 文部科学省は7月末までに結果を公表する方針。

 今回、中学の国語B(応用)では、新聞で読解力を試す初めての問題が登場した。

 架空の新聞紙面を題材に、一般の記事とコラム記事の書き方の違いなどを考えるもの。2012年度から完全実施される新学習指導要領には「新聞活用」が明記されており、文科省側は「新聞の紙面は非常に教材として有効」と出題意図を説明した。国語教育が専門の大越和孝・東京家政大教授は「読むだけでなく、書き方の違いも学べ、自分で文章を書く時にも生かせる」と評価した。小学国語Bでも、学校新聞の内容をよりよくする、という想定での問題があった。

 今回は、07年の第1回テストを受けた小学校6年生が中学3年生になり、再びテストを受けた。このため、当時の「課題」が解消されたか確認する出題もあった。

 中学国語A(基礎)では、07年の小学国語Aで正答率が58%と低かった「相談」を漢字で書かせる問題などが出た。中学数学Aでは、やはり07年に小学算数Aで取り上げた円の面積を求める式の理解度を確かめるため、円柱の体積を求める式と答えを尋ねた。

 一方、台形の面積の公式は、「ゆとり教育」を進めた02年の小学教科書から姿を消したが、今回、小学算数Aで台形の面積を求める公式などを問う出題があった。学ぶ内容を増やした新指導要領で復活したためで、昨年度から移行措置で5年生が学んでいる。

 数学教育に詳しい沢田利夫・東京理科大嘱託教授は「国は久しぶりに復活した内容を子どもたちがどれだけ理解しているか、気になったのでは」と分析している。

東京、近畿の水俣病訴訟も和解へ(時事通信)
温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減−衆院(時事通信)
島根原発に立ち入り調査=点検漏れで県と松江市(時事通信)
小沢氏裏献金疑惑 「ウソついてない」「1億円以上提供」(産経新聞)
認知症の女性の顔に落書き、撮影…栃木の施設(読売新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-04-24 09:51

「大阪都」どうなる?…19日に橋下知事が新党(読売新聞)

 大阪府の橋下徹知事が代表になり、府議や大阪、堺両市議が結集する地域政党「大阪維新の会」が19日、発足する。

 府と大阪市などを再編する「大阪都構想」の実現を掲げ、来春の統一地方選で各議会の過半数獲得を目指す。構想を巡っては、無駄な二重行政が一掃されるという期待の一方、解体される同市などの反発は根強い。また、都制移行後の住民サービスの具体像も不透明で、新党への共感が広がるかは未知数だ。

 ◇一本化 

 橋下知事が都構想を打ち上げたのは1月。大阪市内で開いた同月16日の後援会パーティーでは、「強い大阪をつくるには指揮官は1人でいい」と府市再編による「大阪再生」を訴えた。

 構想では、府域全体を大阪都とし、東京都と23特別区をモデルに、政令市の大阪、堺両市を解体して周辺9市とともに計20の特別区に再編。インフラ整備や大学、病院など、府と大阪市などで重複する行政サービスを都に一本化し、機能強化を図るという。

 背景には、府と同規模の権限や財源を持つ大阪市とがうまく住み分けられず、ベイエリア開発などで競い合う現状への橋下知事のいら立ちがある。

 今月15日夜に橋下知事から構想の説明を受けた原口総務相は、「大きな府県の中に大きな市があり、別々の方向を向いている時に統一的な発展はできない。橋下知事は『ワン大阪』で頑張っている」と評価した。

 ◇格 差 

 橋下知事は1日の記者会見で、「東京23区のサービスを見てほしい。(区によって)中学生までの医療費無料や給食をやっている」とメリットを強調した。

 東京23区では、通常は市町村の収入となる固定資産税など3税の課税権を都が握り、うち55%分を財政力に応じて各区に配分。だが、財源を奪われる区側の不満は大きい。

 大企業の本社が集中しながら、人口減少で配分額が減った千代田区が一時、都から独立する「千代田市」構想を打ち出したこともある。区間の格差も目立ち、ある区の担当者は「都制度は不平等だ」と話す。

 大阪都への移行で特別区に〈格下げ〉される吹田市の担当者は「自主財源が減れば、きめ細かい住民サービスができなくなる」と懸念する。8特別区に分割される大阪市では、区議が現在の市議の3倍に増えるとされ、余計に経費がかかるという可能性もある。

 ◇特別法 

 都制移行は、地方自治法に規定がないため、国が特別法を制定し、住民投票で過半数を得るなど複雑な手続きが必要になる。また、大阪市の平松邦夫市長は「大阪都がすべての問題を解決するように言うのはおかしい」と批判しており、実現への道のりは険しい。

 橋下知事は新党結成を間近に控えた16日、「闘う基盤はとりあえずできた。これからが勝負」と語った。5月の大阪市議補選で候補者を擁立する予定で、論戦が本格化しそうだ。

春の園遊会 浅田さんら五輪メダリスト出席(毎日新聞)
夫刺し車に飛び込む=妻が意識不明−東京(時事通信)
堺の男児虐待死、同居23歳男「発熱、泣きやまず腹を押した」(産経新聞)
大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か−容疑の31歳男逮捕・警視庁(時事通信)
「パンでおびきよせ」鹿撃った、女認める(読売新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-04-21 17:38

党の略称は「日本」 田母神氏擁立に否定的(産経新聞)

 新党「たちあがれ日本」は13日、夏の参院選比例代表で使用する党の略称を「日本」とすることを決めた。昨年の衆院選では新党日本(田中康夫代表)が「日本」の略称を使っていた。両党が参院選の比例代表で候補者を立てて同じ略称を使うと、「日本」票は両党に案分されるが、「たちあがれ」としては「日本」が新党日本に全部流れるのを防ぐねらいがあるとみられる。

 また、平沼赳夫代表は13日、テレビ朝日の番組で、参院選に田母神俊雄元航空幕僚長(61)を党公認で擁立する可能性について「彼は出ないと思う」とこたえた。複数の党関係者によると、田母神氏に出馬を打診したものの同氏が辞退を申し出たという。

【関連記事】
小沢氏、与謝野氏に「また碁でもやろう」
「たちあがれ日本」幹事長に園田氏
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
平沼・与謝野新党 日本没落の危機感共有を
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理
外国人地方参政権問題に一石

亀井氏、「山崎氏にお願いしていない」毎日新聞報道を否定(産経新聞)
<首長新党>松沢神奈川県知事が評価(毎日新聞)
高齢公務員の給与下げに意欲=仙谷担当相(時事通信)
ヘリ近接飛行で事実関係照会=中国側に外交ルートで−防衛省(時事通信)
<踏切事故>盗難バイクと電車衝突 警察に追われ…四日市(毎日新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-04-19 20:44

向田邦子賞、初の受賞者無し(時事通信)

 向田邦子賞委員会と東京ニュース通信社は6日、優れた脚本家に贈られる第28回向田邦子賞の授賞を見送ったと発表した。受賞者無しは1982年の賞創設後初めて。 

若狭沖で見つかったカメ、剥製にして展示(読売新聞)
介護事業所、報酬不正請求で指定取り消し―兵庫と大阪(医療介護CBニュース)
首相、寄付税制のマニフェスト盛り込みに前向き(産経新聞)
前兵庫知事「関空と神戸、合体を」 3空港で独自の提言(産経新聞)
ブルゴーニュワイン、東大寺の大仏に奉納(読売新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-04-12 20:27

「使い捨て社会」ようやく脱出?露リサイクル機運(読売新聞)

 ゴミの分別収集の習慣がなく大部分が埋め立て処理されるロシアで、リサイクルへの取り組みが広がり始めた。

 人口、ゴミ排出量とも東京都に匹敵するモスクワでは近年、ゴミ減量が課題となっており、日本や欧米企業はロシアを「環境ビジネス」の新市場として注目する。

 国営企業「エコテフプロム」が運営するモスクワ南東部の「第4清掃工場」。中央アジア出身の約50人の外国人労働者がベルトコンベヤーで流れるゴミからアルミ缶やペットボトル、段ボールなど再利用できる材料を手作業で分別していた。生ゴミも乾電池も一緒に捨てるロシアでは、人海戦術によるゴミ仕分けがリサイクルの第一歩となる。

 人口約1200万人のモスクワでは年間約530万トンのゴミが出るが、「エコテフプロム」のアダム・ゴノポリスキー副社長は「再利用されるのは約30万トンにすぎない」と話した。

 ロシアが「使い捨て社会」から抜け出せない原因はリサイクルの採算性にある。エネルギーや鉱物資源が豊かなロシアでは手間がかかる再利用は新品を作るより割高。このため回収物は国内ではあまり再利用されず、金属類は主に欧州、ペットボトルは中国へ送られる。

 しかしモスクワでは年約3%のペースでゴミ排出量が増えており400か所あまりの処分場は2016年には満杯になる。このため、モスクワ市はゴミ処理の焼却とリサイクルの割合を増やすように変更。現在6か所の焼却場も増設する計画で、日本や欧米の企業が焼却炉などの受注をめざす。

 日本の関係者によると、ロシアは、風圧で可燃物とリサイクル可能な素材を分別する装置などに関心を示しているという。(モスクワ 緒方賢一)

<阿久根市長>賃金不払い容疑で元係長の弁護士が告発(毎日新聞)
普天間、市内移設阻止へ「体で行動」…名護市長(読売新聞)
<元妻刺殺>復縁断られ…元夫を殺人未遂容疑で逮捕 三重(毎日新聞)
自民党、舛添氏に参院選の選対本部長代理を要請へ(産経新聞)
門前払い避けた米政府 「継続使用」伝達のタイミング計る 普天間移設問題(産経新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-04-07 19:52