党の略称は「日本」 田母神氏擁立に否定的(産経新聞)

 新党「たちあがれ日本」は13日、夏の参院選比例代表で使用する党の略称を「日本」とすることを決めた。昨年の衆院選では新党日本(田中康夫代表)が「日本」の略称を使っていた。両党が参院選の比例代表で候補者を立てて同じ略称を使うと、「日本」票は両党に案分されるが、「たちあがれ」としては「日本」が新党日本に全部流れるのを防ぐねらいがあるとみられる。

 また、平沼赳夫代表は13日、テレビ朝日の番組で、参院選に田母神俊雄元航空幕僚長(61)を党公認で擁立する可能性について「彼は出ないと思う」とこたえた。複数の党関係者によると、田母神氏に出馬を打診したものの同氏が辞退を申し出たという。

【関連記事】
小沢氏、与謝野氏に「また碁でもやろう」
「たちあがれ日本」幹事長に園田氏
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
平沼・与謝野新党 日本没落の危機感共有を
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理
外国人地方参政権問題に一石

亀井氏、「山崎氏にお願いしていない」毎日新聞報道を否定(産経新聞)
<首長新党>松沢神奈川県知事が評価(毎日新聞)
高齢公務員の給与下げに意欲=仙谷担当相(時事通信)
ヘリ近接飛行で事実関係照会=中国側に外交ルートで−防衛省(時事通信)
<踏切事故>盗難バイクと電車衝突 警察に追われ…四日市(毎日新聞)
[PR]
by 8k84gpcwjr | 2010-04-19 20:44
<< 「大阪都」どうなる?…19日に... 向田邦子賞、初の受賞者無し(時... >>